素人女子大生の諸行無常記録

都内在住在学の女子大生です。思った事や印象に残った出来事について記します。

【31. 憧れの会社の役員訪問をした話①】

あけましておめでとうございます。

ご無沙汰しております。

素人女子大生です♥

今年もどうぞよろしくお願いします♥

 

【憧れの会社の役員訪問をした話①】

我ながら馬鹿なところがあると思う。

自分が思いや願望を、深く考えず、周囲に話してしまう癖がある。

「口は災いのもと」。

だが、この性格のお陰で幸運に恵まれたことも数え切れないほどあった。

 

昨秋、飲み会の時、一緒にいた大学の先生(中年男性)に聞かれた。

「お前、まだ2年か。将来のこと考えてんのか。行きたい会社とか。」

 

「えぇ~まだ全然考えてないです~♥もうそろそろ考えないとマズいですかね?オススメの会社とかあります?あったら教えて下さいよ~。あ、最近、私、L社気になるんですけどまだよくわかってなくて~!なんか情報ありますか?笑」

(本当は、大学入学直後から先々の将来を見据え、社会人の方に話を伺ったり、企業研究、就活イベント潜り、インターンにエントリーなどはしていた。全然考えてない、というのは大きな嘘である。)

 

そして、相変わらず(大人の前で)ペラペラ喋る女だ。

 

すると先生(中年男性・酔っ払い気味)が、

「L社?俺の仲の良い友達で新卒からL社勤めて、今役員やってる奴いるけど。」

 

はい勝った。

災いのもとになってきた我が口に感謝した。

「そうなんですか~じゃあ今度、先生がL社の人と飲みに行く時、私にも声かけて下さい!紹介して下さいね♥酒の席での約束は絶対守って下さいよ!男に二言はナシで。忘れないように、私、帰ったら先生に即メールしますから。」

 

【つづく】

f:id:ubiquitoustar:20180113012006j:plain