素人女子大生の諸行無常記録

都内在住在学の女子大生です。思った事や印象に残った出来事について記します。

【26.この美しさの、一部でありたい】

こんばんは。


私は、広告(ポスター等)→街中の看板やテレビCMのコピーをじっくり見たり、読む習慣があります。


以前、京王線に揺られながら、つり革を掴む際に一瞬上を向いた時に目に入った広告。


f:id:ubiquitoustar:20170821235028j:plain


"この美しさの、一部でありたい。"


京王電鉄の広告です。


写真は高尾山駅にある「極楽湯」のようですね。


このコピーがとても気に入りました。


街の風景をはじめ、美しい物を見た時、自分と完全にかけ離れたもの(=区別)して見るような気がします。


ですが、

かけ離れた物、つまり"美しさ"の中に"自分という存在"が一部であって欲しい。たった13文字の言葉の連なりによって、事物の美しさを一層強めていると思いませんか。


皆さんの身の回りにあるコピーで何か素敵なものがあれば、ぜひ教えてくださいね。💓


おやすみなさい。